明治後期に口語自由詩が現れる以前の文語定型詩。多く七五調で、明治15年(1882)外山正一らの「新体詩抄」に始まり、北村透谷島崎藤村土井晩翠 (どいばんすい) などの作によって発展、やがて近代詩の確立とともに単に「詩」と呼ばれるようになった。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫