• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

口語で作られる、詩形の自由な詩。明治40年(1907)川路柳虹 (かわじりゅうこう) の「塵溜 (はきだめ) 」が最初の実作。大正期、白樺 (しらかば) 派・民衆詩派の詩人や、高村光太郎萩原朔太郎 (はぎわらさくたろう) らにより、近代詩として成熟・完成した。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉