1. 四季折々の趣のある事物。自然の風物。連歌俳諧では、特に、花・ほととぎす・月・雪などをいう。「初夏の―」

  1. その場に興を添えるもの。珍しい芸や衣装・料理など。

    1. 「音もせで走るいろいろの馬車…半天に浮び出でたる凱旋塔の神女の像、この許多の―」〈鴎外舞姫

  1. 景品。

    1. 「余興の福引の―でも貰って」〈魯庵社会百面相

  1. 連歌・俳諧で、点取りのときの賞品。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫