• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

染め色の名。着物の裾を薄く、上のほうへだんだん濃くぼかして染めたもの。江戸前期、寛文(1661~1673)のころ、京都の紺屋新右衛門が始めたという。