1. 苗代で育てた稲の苗を、本式に植えつける田。

  1. 荘園制で、新開田に対して、もとからあった田。

  1. 江戸時代、新田に対し、旧来の田。また、享保11年(1726)の新検地条目で、元禄年間(1688~1704)以前に検地され検地帳に記載された田。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫