京都市東山区にある臨済宗東福寺派の大本山。山号は慧日山。開創は嘉禎2年(1236)、開山は円爾、開基は九条道家京都五山の第四位。九条家の氏寺で、東大寺興福寺から1字ずつとって寺名とした。創建当初は、真言天台の三宗兼学。寺宝は無準師範像、宋版「太平御覧」など多数。また、三門は禅宗様としては日本最古で国宝。