• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
謡曲。四番目物観世流では「菊慈童」。文帝の家臣が酈県山 (れきけんざん) を訪ねると、の穆王 (ぼくおう) に仕えた慈童と名のる人物が現れ、不老不死の菊の露の酒を勧める。
謡曲。四番目物。観世流ワキと時代が異なる類曲。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉