[名](スル)
  1. 捨てて用いないこと。

  1. 法令により、貸借関係を破棄すること。特に江戸時代、幕府や諸藩が大名旗本家臣などの困窮を救うため、債務の棒引きなどを命じたこと。