• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

村松梢風の短編小説、および同作を表題作とする小説集。作品は昭和12年(1937)9月、雑誌「サンデー毎日」増刊号に掲載。作品集は翌年刊行。梨園を舞台に、歌舞伎俳優2代目尾上菊之助の悲恋を描く。映像化作品も多く、昭和14年(1939)公開の溝口健二監督の映画が有名。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉