• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

水干を着るときにはく袴。幅の狭い括 (くく) り袴で、股立 (ももだち) の合わせ目とひざの上の縫い目に菊綴 (きくとじ) をつけた。