1. 泳ぎながら、扇の面や板などに文字や絵をかくこと。日本泳法の応用技術の一。

  1. 毛筆に墨ではなく水を含ませて書くこと。みずがき。→水書板