• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小数点の位置固定されない浮動小数点数を用いて行う四則演算。コンピューターにおいては、扱う数の絶対値が大きく異なっていても任意誤差の範囲内で計算できるため、科学計算に向く。→固定小数点演算

[補説]例えば「1500×0.06」という乗算場合、浮動小数点数で表現すると「1.5×103」×「6×10−2」となり、仮数部の積「1.5×6」と指数部の積「103×10−2」を分けて計算し、「9」×「101」すなわち「90」が得られる。コンピューターでの実際の演算処理は二進法で行われる。
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月