• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、奈良晒 (ならざらし) などの布に押した、「極」の字の検査済み印。消えないように漆を使った。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉