[名・形動]

  1. 何もしないでぶらぶらしていること。また、そのさま。「せっかくの休日を無為に過ごす」「無為な毎日」「無為無策」

  1. 自然のままに任せて、手を加えないこと。作為のないこと。また、そのさま。ぶい。

    1. 「日頃忘れていたゆったりした―の歓喜が」〈宮本伸子

  1. (梵)asaṃskṛtaの訳》仏語。人為的につくられたものでないもの。因果の関係を離れ、生滅変化しない永遠絶対の真実。真理。⇔有為 (うい) 

出典:青空文庫