• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

経典を後世に伝えるために、両面に経文を彫りつけて焼いた瓦。埋経 (まいきょう) に用いる。平安中期、末法思想の高まりによって作られるようになったといわれる。経瓦 (きょうがわら) 。がぎょう。