• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

(梵)Jetavana-vihāraの訳》須達 (しゅだつ) 長者が、中インドの舎衛城 (しゃえじょう) の南にある祇陀 (ぎだ) 太子の林苑を買い取り、釈迦とその教団のために建てた僧坊。祇陀林寺。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉