• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

背面に神仙と霊獣の像を組み合わせた文様がある銅鏡。中国で後漢から六朝時代に盛行し、日本の古墳からも出土する。縁の形で平縁 (ひらぶち) 式と三角縁式とに大別される。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉