• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。連歌に明け暮れる夫に愛想をつかした妻が、離縁のしるしの箕を被 (かず) いて出ていこうとすると、それを見て夫が発句を詠む。妻は脇句でみごとに応じて、仲直りする。