《さらさらと音がするところから》

  1. 日本の民俗楽器の一種。長さ約30センチの竹の棒の約3分の2を細かく割った簓竹と、簓子 (ささらこ) 2をすり合わせて音を出す。摺り簓。

  1. 編木 (びんざさら) 」の略。

  1. 細かく割った竹の一端を束ねたもので、鍋・釜などのこびりついた汚れを取る道具。

  1. 物の先端が細かく割れてささくれたもの。また、役に立たなくなったもののたとえ。「杭 (くい) の先端が簓になる」

[補説]「簓」は国字。