[動マ下一][文]し・む[マ下二]
  1. 強く引っ張ったりひねったりして、緩みのないようにする。「三味線の糸を―・める」「元栓を―・める」「ねじを―・める」

  1. 長い布やひもなどを巻きつけて、緩まないように固く結ぶ。「帯を―・める」「ネクタイを―・める」

  1. 鍵などで固定して動かないようにする。「鍵を―・める」

  1. 強く押しつけてしぼる。「ダイズを―・めて油をとる」

    1. ㋐(「緊める」とも書く)気持ち・態度などを緊張させる。また、管理を厳しくする。「気を―・めてかかる」「新入部員を―・める」「派を―・める存在」

    2. ㋑懲らしめる。とっちめる。「餓鬼大将を一度―・めてやろう」

  1. 出費を切り詰める。節約する。「交際費を―・める」「家計を―・める」

  1. 物事のまとまったことを祝ってみんなで一緒に手を打ち合わせる。手打ちする。「最後に手を―・めていただきましょう」

  1. (「〆る」とも書く)そこまでを一区切りとして合計する。また、飲食店で会計を頼む。「売り上げを―・める」「いったん―・めてください」

  1. (「〆る」とも書く)あれこれ飲み食いして、終わりの食べ物とする。「鍋料理は雑炊で―・めよう」

  1. 10 (「〆る」とも書く)塩や酢で魚の身をひきしめる。「サバを酢で―・める」

  1. 11 魚の鮮度を保つため、血抜きをする。→活け締め

  1. 12 (閉める)あいていた窓や戸などをぴったりとじる。「雨戸を―・める」⇔開 (あ) ける

  1. 13 (閉める)その営業・業務を終了する。また、廃業する。「店を―・める」「窓口は五時に―・めます」⇔開 (あ) ける

  1. 14 取り決める。

    1. 「胸中残さずうち明けて、評議を―・めむといふ間もあらせず」〈浄・忠臣蔵

  1. 15 契りを結ぶ。

    1. 「―・めてはなれし身なりしを、また結びかへ行く旅の」〈浮・御前義経記・三〉

    2. 閉 (と) じる[用法]

出典:青空文庫