• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(フランス)La Jeune Parqueバレリーの詩。伝統的な韻律、アレクサンドランで書かれた約500行の長編韻文詩。1917年、文芸誌「N.R.F.(新フランス評論)」に発表されたものが初出で、完成までに約5年を費やした。本作により著者は時代の寵児 (ちょうじ) となった。