• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

東京式アクセントで、終止形アクセント核のある動詞。アクセント核は後ろから2番目の拍にある。「み↓る(見る)」「たべ↓る(食べる)」「あきらめ↓る(諦める)」など。その拍が長音母音の場合、後ろから3番目の拍にアクセント核が位置することがある。「と↓おる(通る)」「は↓いる(入る)」「かんが↓える(考える)」など。