• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 贈られた歌に答えて詠む歌。返しの歌。返歌 (へんか) 。かえし。⇔懸け歌

  1. 長歌に添えた短歌。反歌 (はんか) 。

  1. 神楽歌 (かぐらうた) 東遊 (あずまあそ) びで、歌を二段に分けて歌うとき、前の段の末句を後の段の末で繰り返して歌うこと。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉