• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸時代、検地の際に野外で記入した仮の帳簿。これを清書したものを清野帳 (せいのちょう) といい、検地帳作成の際の基礎帳簿とした。やちょう。

  1. 会葬者の名を記す帳面。