• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
長崎県南部、長崎半島南端にある岬。閃緑岩からなる50~80メートルの海食崖 (がい) でできている。近くに標高198メートルの権現 (ごんげん) 山展望公園があり、展望台からは東シナ海を一望できる。
長崎県南部、長崎半島南端の旧町名。現在は長崎市に属する。温暖な気候のためバナナ・ミカンなどの栽培が盛ん。「野母の盆踊り」は国の選択無形民俗文化財、観音寺の「木造千手 (せんじゅ) 観音立像」は国指定重要文化財。樺 (かば) 島大橋で対岸の樺島と結ばれている。