• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中国で、1853年に朝が実施した内国関税の一。その税率が100分の1、すなわち1釐であることからいう。太平天国鎮圧のための臨時的課税であったが、のち恒常的となり、1931年、関税自主権の回復とともに廃止。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉