• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. むずかしさの度合い。「難度の高い工事」

  1. 体操競技で、技・運動のむずかしさの程度。基礎的な技から高度な技へ順に分類される。

[補説]国際体操連盟(FIG)の定める規定では、従来、A(基礎)・B(高難度)・C(最高難度)の三つであったが、技の向上により1985年にD難度が新設された。以降、新たなランクが順次設けられ、2019年3月現在の最高難度はI難度。→ウルトラシー