• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 高山の山頂や飛行機から見下ろしたときに、一面に広がって海のように見える雲の上面。 夏》「―や太き幹ほど濡れて立つ/楸邨

  1. 雲がはるかに見える、果てしない海原。

    1. 「―沈々として、青天既に暮れなんとす」〈平家・七〉

出典:gooニュース