• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

津島佑子の短編小説。昭和57年(1982)「」誌に発表。翌年、第10回川端康成文学賞受賞。同作を表題作とする小説集は昭和59年(1984)刊行で、ほかに「夢の道」「島」「石を割る」などを収める。