《「だまり」の撥音添加》

  1. だまっていて、ものを言わないこと。また、その人。「何を聞かれても黙りをきめこむ」

  1. ことわりのないこと。無断。

    1. 「不実に考えりゃあ、―で不意と出発 (たっ) て行くかも知れない」〈柳浪今戸心中

  1. 歌舞伎の演出で、暗やみの中で、登場人物が無言で探り合うようすを様式化したもの。また、その場面。暗闘。暗挑。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

出典:青空文庫