部首
(つち・つちへん・どへん)
画数
12(部首内画数:9)
種別
常用漢字
漢検の級
準2級
音読み
ルイ
訓読み
[外]とりでかさねる

意味

①とりで。土をかさねて築いた小城。「塁壁」「孤塁」 ②るい。野球のベース。「塁審」「本塁」 ③かさねる。かさなる。「塁塁」 [類]累

旧字

部首
(つち・つちへん・どへん)
画数
18(部首内画数:15)
漢検の級
1級/準1級

塁の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音]ルイ(呉)(漢) [訓]とりで

  1. 土などを積み重ねて防御とした陣地。とりで。「塁壁堅塁孤塁城塁土塁堡塁 (ほうるい) 

  1. 野球で、ベース。「塁審一塁残塁出塁走塁盗塁満塁

    1. [名のり]かさ・たか