部首
(つち・つちへん・どへん)
画数
14(部首内画数:11)
種別
常用漢字
漢検の級
3級
音読み
ボク [外]モク
訓読み
すみ

意味

①すみ。すみでかいたもの。「墨汁」「水墨」 ②きたない。また、むさぼる。「墨吏」 ③「墨子」のこと。また、その学派。「墨家」「墨守」 ④「隅田(墨田)川」のこと。「墨堤」 ⑤「墨西哥(メキシコ)」の略。「米墨」

旧字

部首
(つち・つちへん・どへん)
画数
15(部首内画数:12)
漢検の級
1級/準1級

墨の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音]ボク(漢) [訓]すみ

〈ボク〉
  1. 書画に用いる黒の顔料。すみ。「墨痕 (ぼっこん) 墨汁墨跡翰墨 (かんぼく) 古墨筆墨文墨水墨画

  1. すみで書いたもの。「遺墨・断簡零墨」

  1. ものを書く道具。「白墨

  1. いれずみ。いれずみの刑。「墨刑

  1. 大工道具の一。すみなわ。「縄墨

  1. 中国古代の思想家、墨子 (ぼくし) 。「墨家墨守

  1. 隅田川のこと。「墨水墨堤墨東

  1. メキシコ。「日墨米墨戦争

[難読]墨西哥 (メキシコ)