部首
(こめ・こめへん)
画数
14(部首内画数:8)
種別
常用漢字教育漢字
漢検の級
6級
音読み
セイショウ[中]
訓読み
[外]しらげるくわしいもののけ

意味

①しらげる。米などを白くする。「精白」「精米」 ②まじりけがない。きよい。よりぬき。最もよいもの。「精鋭」「酒精」 ③くわしい。こまかい。「精通」「精密」 [対]粗④こころ。たましい。気力。「精進」「精神」 ⑤生殖のもととなるもの。「精子」「受精」 ⑥もののけ。不思議な力をもつもの。「精霊」「妖精(ヨウセイ)」

旧字

部首
(こめ・こめへん)
画数
14(部首内画数:8)
漢検の級
1級/準1級

精の解説 - 小学館 大辞泉

[音]セイ(漢) ショウ(シャウ)(呉) [訓]しらげる くわしい

学習漢字]5年

〈セイ〉
  1. 玄米を白く清らかにする。しらげる。「精白精麦精米搗精 (とうせい) 

  1. 不純物を取り去り良質なものにする。よりすぐる。よりすぐったもの。「精鋭精華精粋精髄精製精選精肉精兵精油精練酒精

  1. 雑念がなくひたすらはげむ。「精勤精励丹精

  1. 念入りでこまかい。くわしい。「精巧精細精粗精緻 (せいち) 精通精読精密

  1. 人間の活動のもとをなすもの。「精気精神精力

  1. 自然物に潜むとされる霊。「精霊妖精 (ようせい) 

  1. 生殖のもとになるもの。「精液精子射精受精夢精

〈ショウ〉
  1. ひたすらはげむ。「精舎 (しょうじゃ) 精進 (しょうじん) 

  1. 霊魂。「精霊 (しょうりょう) 

    1. [名のり]あき・あきら・きよ・きよし・くわし・しげ・しら・すぐる・すみ・ただ・ただし・つとむ・ひとし・まこと・まさし・もり・よし