部首
(ほとぎ)
画数
6(部首内画数:0)
種別
常用漢字
漢検の級
準2級
音読み
カン [外]
訓読み
[外]かまほとぎ

意味

【A】カン [聛]かま。かん。ブリキなどの金属製の容器。また、「かんづめ(缶詰)」の略。「汽缶」「薬缶」 【B】フ [缶]ほとぎ。もたい。口をつぼんだ素焼きの器。「撃缶」

[参考]本来別の意味の二つの字を「缶」にまとめた。【A】オランダ語・英語の「カン」の音訳。

旧字

部首
(ほとぎ)
画数
23(部首内画数:17)
漢検の級
1級/準1級

異体字

漢検の級
1級

【B】新字

部首
(ほとぎ)
画数
6(部首内画数:0)
漢検の級
1級

缶の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音]カン(クヮン)(呉)(漢)

  1. 金属製の容器。「缶詰空き缶製缶

  1. 「缶詰」の略。「牛缶」

  1. 湯わかし器。「薬缶 (やかん) 

  1. 蒸気機関のかま。「汽缶

[補説]「罐」は本来「水を汲むつるべ」をさしたが、今は「缶」によって代用する。「缶」は「フ」が本来の音で、「腹のふくれた水がめ、ほとぎ」の意。1は英語canまたはオランダ語kanの音訳字。34は「鑵」と通用。