• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

シニャフスキーの解説 - 小学館 大辞泉

[1925~1997]ソ連・ロシアソ連の小説家・批評家。アブラム=テルツの筆名によりフランスで評論「社会主義リアリズムとは何か」などの作品を発表、反ソビエト運動を扇動したとして懲役刑を受けた。1973年フランスに亡命し、パリ大教授となる。ペレストロイカ以降は祖国でも評価された。ほかに小説「審問」「おやすみなさい」など。

[文学/外国の作家・文学者]カテゴリの言葉