一万田尚登の解説 - 小学館 大辞泉

[1893~1984]政治家。大分の生まれ。昭和21年(1946)日本銀行総裁となり、第二次大戦後の復興に尽力。サンフランシスコ講和会議では全権委員として交渉に当たった。総裁退任後は鳩山一郎内閣の大蔵大臣に就任、続く衆議院議員選挙に当選し、政治家として活躍した。

一万田尚登の解説 - SOCKETS人物データベース

鳩山一郎内閣・第1次岸内閣で大蔵大臣を務めた。第18代日本銀行総裁。
出生地
大分県野津原村(現・大分市)
生年月日
1893年8月12日 しし座
没年月日
1984年1月22日(享年90歳)
別表記
一萬田 一万田法王

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉