• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

加納諸平の解説 - 小学館 大辞泉

[1806~1857]江戸末期の歌人・国学者。遠江 (とおとうみ) の人。旧姓、夏目。号、柿園 (しえん) 。紀伊藩に仕え、「紀伊続風土記」「紀伊国名所図絵」などを編集。著「柿園詠草」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉