• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

北条霞亭の解説 - 小学館 大辞泉

[1780~1823]江戸後期の漢詩人。志摩の人。名は襄。字 (あざな) は子譲・景陽。霞亭は号。京都で皆川淇園 (きえん) に、江戸で亀田鵬斎 (ほうさい) に学ぶ。備後の菅茶山に招かれ廉塾の塾頭、次いで福山藩藩儒となる。著作に「霞亭摘藁」「霞亭渉筆」など。