• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古田織部の解説 - 小学館 大辞泉

[1544~1615]安土桃山時代の武将・茶人。美濃の人。名は重然 (しげなり) 。千利休に茶の湯を学び、徳川第2代将軍秀忠をはじめ諸大名にも伝授。大坂夏の陣のとき、豊臣家への内通を疑われて自刃。→織部焼 (おりべやき) 

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉