• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉見幸和の解説 - 小学館 大辞泉

[1673~1761]江戸中期の国学者・神道家。尾張の人。名は「ゆきかず」とも。名古屋東照宮の祠官。文献学的研究に専心。「五部書説弁」を著して、神道五部書が偽書であることを論証。ほかに著「神代正義」「神学弁疑」など。

[宗教・思想/神道の人物]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉