• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉行淳之介の解説 - 小学館 大辞泉

[1924~1994]小説家。岡山の生まれ。「驟雨」で第31回芥川賞を受賞し、以降「第三の新人」の一人として活躍。他に「闇のなかの祝祭」「砂の上の植物群」「夕暮まで」など。

吉行淳之介の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
岡山県岡山市
生年月日
1924年4月13日 おひつじ座
没年月日
1994年7月26日(享年70歳)

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉