壬生忠岑の解説 - 小学館 大辞泉

平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。古今集の撰者の一人。温和で機知に富む歌風で知られる。著「和歌体十種」、家集「忠岑集」。生没年未詳。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉