• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大橋訥庵の解説 - 小学館 大辞泉

[1816~1862]江戸末期の儒学者。江戸の人。日本橋の豪商大橋家の養子。佐藤一斎に学び、朱子学を唱えて、攘夷 (じょうい) を主張した。老中安藤信正襲撃を計画して投獄され、獄死。著「闢邪小言 (へきじゃしょうげん) 」「元寇紀略 (げんこうきりゃく) 」など。