• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大橋乙羽の解説 - 小学館 大辞泉

[1869~1901]小説家・出版人。山形の生まれ。旧姓、渡部。本名、又太郎。硯友社同人。博文館館主大橋佐平の長女と結婚して、博文館支配人として活躍した。小説「露小袖」、紀行文集「千山万水」など。

大橋乙羽の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
山形県米沢市
生年月日
1869年7月10日 かに座
没年月日
1901年6月1日(享年31歳)
別表記
又太郎