• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宮崎寒雉の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1712]江戸中期の釜師。能登の人。名は義一。前田家の兵器や鳴物 (なりもの) 類を鋳造していたが、のち茶の湯釜を作った。子孫は代々寒雉を名のり、現在に至る。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉