• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山県大弐の解説 - 小学館 大辞泉

[1725~1767]江戸中期の儒学者・兵学者。甲斐の人。名は昌貞。初め医師であったが、儒学・神道を学び、江戸に出て兵学を講じ、「柳子新論」を著して尊王論を説いた。明和事件に連座して処刑。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉