島津久光の解説 - 小学館 大辞泉

[1817~1887]江戸末期の政治家。薩摩 (さつま) の人。斉彬 (なりあきら) の異母弟。忠義の父。斉彬の死後、子の忠義が藩主となったのちは藩政の実権を握った。藩内尊攘 (そんじょう) 派を弾圧して公武合体に奔走。明治7年(1874)左大臣になったが、まもなく帰国して隠退。