• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

常盤光長の解説 - 小学館 大辞泉

平安後期の宮廷画家。後白河法皇の命で作られた「年中行事絵巻」の中心画家で、また「伴大納言絵詞 (ばんだいなごんえことば) 」の作者ともされる。土佐光長とも称された。生没年未詳。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉