張良の解説 - 小学館 大辞泉

[?~前168]中国、前漢創業の功臣。新鄭(河南省)の人。字 (あざな) は子房。韓の貴族の出身で、始皇帝の暗殺に失敗後、劉邦の謀臣となって秦を滅ぼし、さらに鴻門 (こうもん) の会では劉邦を危急から救った。漢の統一後は留侯に封じられた。
謡曲。四番目五番目物観世信光作。黄石公が川に落とした沓 (くつ) を漢の張良が取って履かせ、人柄を認められて太公望の兵法の奥義を授かる。