• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

徳山宣鑑の解説 - 小学館 大辞泉

[782~865]中国、唐代の禅僧。姓は周氏。初め唯識を学んだが、のちを学び、その修行は、徳山の棒と称されるほど厳格であった。諡号、見性禅師。→臨済の喝徳山の棒

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉